外資系企業の面接の特徴

外資系企業の面接で見られるポイント

外資系企業が面接で重視するポイントは、能力や人柄です。その人自身がもっているスキルは、履歴書や職務経歴書だけでは十分に把握できません。そのため、面接ではどのようなプロジェクトに携わってきたか、トラブルの際にはどうしていたかなどの点が質問されます。謙遜することなく、明確にアピールするようにしましょう。どのような人柄であるのかも採用側にとっては重要です。チームワークを大事にできる人物であるかどうか、将来のビジョンがあるかどうかなどの点ついて問われます。外資系企業では曖昧な表現は評価されにくい傾向があるので、答える際には論理的でわかりやすく伝えるようにすることがポイントです。企業への忖度も好まれないので気をつけましょう。

外資系企業の面接の前に準備すること

面接の本番前の準備としては、志望動機をはっきりとさせておくことが大切です。なぜ新しい職場を求めているのか、前向きな内容で表現できると良いです。外資系企業ではキャリアプランをもっている人材が好まれる傾向があります。将来の目標と転職を希望する理由を絡めて伝えることができると良いでしょう。面接では自分自身のことについて質問されるので、自分の強みや特徴を把握しておくことも重要です。能力を活かしてどのように企業に貢献できるかアピールできるようになると良いでしょう。転職エージェントを利用しているのなら、自分の印象について聞いてみるのがおすすめです。自分が相手からどう見られるか知り、服装や表情などで調整していきながら面接官により良い印象を与えられるようにすることもポイントです。