面接当日の心得

自信を持って挑みましょう

是非とも働きたい外資系企業を見つけて、やっと面接にこぎつけたのなら、絶対に失敗したくないと考えるはずです。しかし、その気持ちを相手に見せてはいけません。失敗したくないという感情は表にでてしまうので、自信がないように見えてしまうかもしれないからです。面接までこぎつけたということは、少なくても経歴上は外資系企業側から問題ないと考えられているので、自信を持って面接に挑むようにしましょう。もちろん、態度だけでは自信を伝えることはできないため、アピールできるポイントを用意しておくことが大切です。そして、質問に答えるだけではなく、こちらから語りかけて、自分は外資系企業に役立つ存在になれることをしっかりと伝えましょう。

英語の発音練習をしておこう

面接の当日の朝になったのなら、英語の発音の練習を行いましょう。外資系企業に到着をして、初めて英語を喋るのでは、口がついていかないかもしれません。そのため、朝起きたのなら、英語の発音の練習を行って、口を準備万端の状態にしておくべきです。なお、面接で質問されそうなことはすでに予想していて、それの受け答えをきちんと考えているはずです。朝の発音練習のときには、それを使って、受け答えの最終チェックも行うとよいでしょう。ちなみに、最終チェックのときに、用意した受け答えを変えたいと感じるかもしれません。しかし、これまで練習してきたのなら、突然の変更はアクシデントの原因になる可能性があります。これまでの自分を信じて、そのままの受け答えで、外資系企業へのチャレンジをおすすめします。