実力主義の世界

国内の企業と異なる評価基準が採用されている企業も多い

外資系企業は、給料や評価の方法など様々な面で国内の企業と事情が異なるところが多くあるため、転職の際には十分な注意を払うことが大切です。例えば、過去の社会経験の中で大きな成果を上げたい人や、英語を使ったコミュニケーションに長けた人については、外資系転職を果たした後に成功できる可能性が大いにあります。また、海外留学や海外赴任などの経験が豊富な人は、転職支援サイトなどに登録をすることで、ヘッドハンティングの対象となることもあるため、積極的に転職活動に励むことがおすすめです。その他、段階的にキャリアアップを目指したい人であれば、職場内での評価の基準が明確な外資系企業を転職先の候補に決めと良いでしょう。

海外勤務を経験することで将来的に恵まれた役職に就けることも

外資系企業に転職をした後に海外勤務を希望する人は少なくありませんが、将来に繋がる経験ができる企業をしっかりと見極めることが大事です。例えば、欧米や東南アジアなどの大きな市場のあるエリアで勤務をすることによって、帰国後に部長や課長などの管理職として抜擢されることもあるため、転職前に各企業の人材登用の仕組みをよく理解することがおすすめです。最近では、海外転勤の可能性や現地での仕事内容について、転職希望者を対象とした資料に詳しく記載している外資系企業もたくさんあります。そのため、近いうちに外資系企業への転職を少しでも考えている人であれば、余裕を持って自分の能力やキャリアを活かせる企業をリストアップしてみましょう。